HOME | 会社概要 | 5つのこだわり

5つのこだわり

大事にしている事

設計プロセス

フルオーダーによる設計だから出来る事、お客様の細かい要望を突き詰める設計を心掛けています。当然、コスト面の心配も配慮しながら一つ一つを決めてゆきます。図面計画には平面図とパースをリアルタイムに表示しながら確認することで実際の構成や立体感をわかりやすく視覚化することでイメージしにくい感覚を見て頂けます。ウォークスルーによって内部まで確認できますので解りやすいと好評です。外観、内観を自由にご覧頂けます。建物を設計するにあたり、窓の大きさ、配列の仕方で見え方が大きく違います。外観などを気にしないという方の中にはおられますが、出来るなら、外観もそれなりに体裁を整えることで、高級感を感じさせる事は大切なことと考えます。費用面など心配される点はございますが、最高品を使えれば当然、豪華にはなります。全体にバランスの欠いたデザインですと新築の建物が台無しです。屋根形状、外壁の種類、窓の組合せで見栄えの良い建物になります。構造は特に建物が完成してしまえば隠れてしまう部分です。無垢材、集成材などそれぞれ一長一短がございます。これからは地震についても懸念されるようになりました。国産桧のハイブリット桧材と減震摩擦ブレーキとの組合せでより安全構造の家にすることで住やすい家づくりを目指しています。当然、全棟構造計算による耐震等級3を確保する計画を担保することで安心した住まい計画の実現を目指します。

自然素材への想い

建物で自然素材と言えば代表格が木材。室内の床、壁、天井に素材の現しで無垢材を張ることで温かみが増したように、部屋全体が柔らかい空気に包まれた様な感じになります。
樹種には広葉樹や針葉樹など、国産、輸入材などそれぞれの産地の質感の差はありますがそれぞれ良さが違いますので実際に触ってみるのが良いと思います。
木の素地の感じで、感触が良いのは、パイン材や檜材などがお勧めかな。
杉材も良いのですが、赤身が比較的他の樹種より強いので和風の雰囲気にはお奨めです。
コルク材なども無数の気泡が詰まっているため、肌触りはとても優しく、べたつき感が少ないのでこれもお勧めです。
床などに無垢板材を張りますと、足の裏の感触の違いに気づかれると思います。
実際素足での感触は暖かい感じで思っているよりべたつき感がなくさらっとしています。
良い点も有れば悪い点では傷つきやすいという点から細かい所が気になる方にはあまりお奨めはしません。しかし時間と共に材料があめ色に変化しながら住まわれる方になじんできます。その段階になりますと傷など気にならなくなりますし、目立たなくなります。
木そのものの風合いを取り入れた家づくりなどが注文住宅の良いところなのかもしれません。
当社では構造材に、ヒノキ材、レッドウッド、松材、杉材、栂材の乾燥材を標準で使用しています。ホワイトウッド材は使用しておりません。

適正価格

やはり家づくりに掛かる費用は多額なもの。買い物の中で一番高い買い物になります。
少しでも安く建てることが出来ればと考えたいものです。当然資金に余裕があれば、ハウスメーカ等に出向いて、要望通りの建物を建ててもらうのがベストでしょう。
しかし、家づくりのためだけに大半の費用を使ってしまうのも、生活に先立って不安になるものです。当然、家族に掛かる費用には食生活、子育て費用、家族の余暇などに使う予定の費用など、出費はかさむもの。それらを考えたときに、どれほどの費用を使い、家づくりを進めて行ったら良いのか、当然、工事店側でも、少しでも考えて、良い物をお安く提供できればと思います。しかし、ローコストのみをうたった家づくりはお奨めしません。なぜなら品質を下げる原因になるからです。当然建物の造りに影響もでて参ります。それでも良いから、安く造って欲しいとおっしゃる方には、建売住宅をお奨めします。
しかし、品質の良いものを、適正価格帯の中で少しでもリーズナブルにご提供できればと思っております。その為に、当社ではモデルルームなどの固定費、また少人数制(熟練度はピカ一)などの取組みを行いことで大幅な費用削減をすると同時に各仕入れ段階でのタイミングやメーカーの直販などでの中間マージンのカットなどで、良い品質のものを「お徳に」を実現しております。

地元密着

当社は大きい会社ではありません。当然遠方となると出向くのも時間が掛かり、お客様へのアフターフォローにも支障をきたします。
会社からの移動時間を2時間以内に設定しております。
上記時間内でしたら協力会社もスピーディに動けます。
アフターの面から年間で12棟程度の受注で丁寧に家づくり行うことに重点に営業しています。
アフターメンテナンスも重要ですので何かあった時にはすばやく駆けつられる様に努めております。
現在までお引渡し物件のOBの方には時々ご連絡させて頂き、お住まい後の経過などをお聞きしております。
それらを通して、未熟な部分など改善に取組みさせて頂いております。

アフターサポート

建物を建てた後のメンテナンス、とても重要です。当然建てた会社がメンテナンス行います。
当社でも引渡し当初は半年、1年、2年とメンテナンスを行います。
それ以外、急用があればお伺いをして対応させて頂きます。
ただ今取組んでおりますのが、お引渡し後の経過内容を記録させて頂き、今までのメンテナス内容に基づいて、今後のアフターフォローに充実に繋がるようにシステム構築を進めております。