HOME | 仕様抜粋

仕様抜粋:自然素材

一例をご紹介

自然素材をたっぷり使用したFORUMUの家

建物で自然素材と言えば代表格が木材。室内の床、壁、天井に素材の現しで無垢材を張ることで温かみが増したように、部屋全体が柔らかい空気に包まれた様な感じになります。樹種には広葉樹や針葉樹など、国産、輸入材などそれぞれの産地の質感の差はありますがそれぞれ良さが違いますので実際に触ってみるのが良いと思います。木の素地の感じで、感触が良いのは、パイン材や檜材などがお勧めかな。杉材も良いのですが、色むらが多少気になるかも。コルク材なども無数の気泡が詰まっているため、肌触りはとても優しく、べたつき感が少ないのでこれもお勧めです。当社の構造材には、ヒノキ材、レッドウッド、松材、杉材、栂材の乾燥材を標準で使用しています。ホワイトウッド材は使用しておりません。

食品と同レベルの高い安全性を持つ自然塗料オスモを採用!

オスモカラーは自然の植物油と植物ワックスからできたドイツ生まれの自然塗料です。臭いがきつく健康を害するシンナーやアルコール、そして発がん性が疑わしい有害な物質は一切含有していません。したがって、DIN53160唾液と汗溶解試験やEN71-3玩具安全基準に合格し、赤ちゃんのおもちゃにも使えます。 ISO14001取得はオスモ社がエコを大事にする会社だという証です。

床は自然素材が良い:無垢フローリングを全棟採用!

一枚板の味わいを活かした無垢フローリング。もちろん安心の抗菌作用。無垢材は傷に弱いと言われていますが、弊社仕様の無垢材は引っかき傷や擦り傷に強い天然無垢材を使用。床暖房を採用する方に、床暖房対応の無垢フローリングもご用意しております。

自然で優しい西洋漆喰を使用!

漆喰は日本にもあり真っ白な壁には高級感を感じてしまいます。西洋漆喰はドイツで造られ当然、湿度調整、防臭、防カビ効果は絶大です。特にPH12と強アルカリ性のため、防カビ対策にはもってこい!また天然素材のみで造られており、化学物質など一切使用していません。天然色素による着色も可能でさまざまな色彩を表現できるのも、西洋漆喰の面白さです。塗り方は左官による鏝塗りとローラー塗りのパターンがありどちらも塗り重ねることでいつも新規な壁に変身。DIYなど、誰でも塗ることができるので意欲があればお得に模様替えができます。

沖縄産の天然風化造礁珊瑚壁

沖縄のきれいな海から許可を得て採取された風化造礁珊瑚は、微細な空孔をもった多孔質で臭いや湿気の吸着除去に効果があります。調湿効果はもちろん、断熱効果もあり、珊瑚のマイナスイオン発生効果も注目されています。こちらは左官工事で仕上げるのがベスト。乾燥するまでは繋ぎ材の海苔の匂いがします。乾燥後の表面は比較的ツルツルに仕上がり他の塗り壁材より仕上がりがしっかりとしています。工事を施工したお客様は仕上がりに満足そうでした。クロスと違って、建物内の雰囲気が柔らかくなります。特に間接照明などを併用したライティング計画ですととても雰囲気がやさしい感じがして心が癒されるようです。

水の力を使った天然の高気密断熱材アクアフォーム!

通常はフロンガスを使用して発泡させる事が多いウレタンフォームアクアホームは水を使って発砲させます。水との化学反応から炭酸ガスを発生させ、これを使って発砲させるのでオゾン層破壊などの環境破壊にやさしいウレタンフォームとして開発されました。アレルギーの原因となるホルムアルデヒドも発生させません。グラスウール材の1.5倍以上の断熱効果を発揮します。その他、気密性能、吸音性能についても優れた性能を発揮します。施工は屋根と壁にたっぷりと施工します。

仕様抜粋:水回り設備

一例をご紹介

料理を楽しむ奥様に大人気のNORITZのrecipia(レシピア)シリーズ!!

誰がキッチンに立っても、手軽においしい料理をつくれるようにしたい。下ごしらえから作業の流れをスムーズにする工夫。また、「食育」という視点からも、子どもたちも一緒にキッチンに立って、食や調理の大切さを伝えたい。そんな思いのもと、たのしく、安心して、スマートに調理できる機能にこだわっています誰がキッチンに立っても、手軽においしい料理をつくれるようにしたい。下ごしらえから作業の流れをスムーズにする工夫。また、「食育」という視点からも、子どもたちも一緒にキッチンに立って、食や調理の大切さを伝えたい。そんな思いのもと、たのしく、安心して、スマートに調理できる機能にこだわっています。

すっきりとしたデザインがキッチンを広くみせるトクラスのBbシリーズ!

扉とシンク色の組み合わせでインテリアにぴったりのキッチンにできる!キッチン扉とシンクの色柄を上手に組み合わせればキッチンはインテリアの役割も果たします。床材や壁ともトータルにコーディネートして自分らしいキッチンに仕上げてみてください。

デザインにこだわったお風呂で毎日贅沢気分!NORITZ:Yupatio(ユパティオ)シリーズ!

浴室内のデザインにこだわって、好きな部材を選び、自分好みのお風呂に仕上げることができます。もちろん機能面も一切の妥協はありません。保温力やお客様に合わせたお風呂の形状などこだわりポイントいっぱいです!

新発想3Dエルゴデザインで広々なトクラスのeveryシリーズ!

新発想3Dエルゴデザインで広々・くつろぎ空間を実現!バスタブも洗い場も、どちらも広々を実現。バスタブにゆっくり浸かる、洗い場でのびのびとラクに身体を洗う。人間工学に基づいたバスタブのゆるやかな曲線が、浴室空間の広さと使い勝手のよさを実現させました!

ECO-Ⅰ熱交換換気システム

最新省エネ住宅仕様

熱交換率90%を誇るエコ・アイ・熱交換換気システム

省エネルギー住宅のトップランナー企業に贈られるハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーを3年連続受賞した住宅で、その省エネ技術の中核を成すのが、熱交換率90%を誇るエコ・アイ・熱交換換気システムをフォルムの家は導入しています。エコ・アイ・熱交換換気システムは、2003年の建築基準法改訂によって設置が義務づけられた24時間換気システムに高度な省エネ機能を持たせたもので室内の温度の90%を取り込む外気に移してエネルギーの無駄を省きます。

 
例えば図1の様に外気が0度、室内が20度の場合、熱交換機能のない換気システムで外気を取り込むと、室温は下がって暖房を効かせても寒くてたまりません。エネルギーもたくさん消費します。
 
しかし図2の様にエコ・アイ・熱交換換気システムなら、外気を室温の90%にあたる18度まで温めて室内に取り込みます。だから、暖かで、エネルギーの無駄がありません。
 
逆に夏の場合は、図の様に30度の外気を21度まで冷まして取り込んでくれます。
 
だから、フォルムの家は冬温かく、夏涼しく、省エネ。家計と環境に優しいエコロジーでエコノミーな家なのです。

床暖冬涼夏を採用

いつでも快適な生活を

夏も冬も快適生活を

この装置は、Eco-i換気を使って全館を空調します。
冬:床下グリルで床を暖め、輻射熱を床から放出しEco-i換気によって全館へ運びます。
夏:「床暖冬涼夏」システムセットのエアコンで冷気を作りEco-i換気によって全館へ運びます。

樹脂サッシ+Low-Eガラス

断熱性を高めエネルギー消費を抑える

最高断熱の樹脂サッシを採用

夏涼しく冬暖かい生活を実現するには、最も弱い窓の性能を上げることが重要です。一般窓の約3.4倍の断熱性能がある樹脂窓は、海外や厳寒の北海道では多く使われています。ですが、コストが高く、全国的に樹脂サッシ利用率は、わずか7.7%しかありません。そういった憧れの樹脂サッシが標準装備になっています。

結露しにくい「高断熱 樹脂サッシ」を全室装備

フォルムでは内側も外側も樹脂を使った樹脂窓が標準装備となっております。中に入れるガラスはLow-E複層ガラスを使用。おもに北海道とか寒い地域で使われているお客様が多い断熱性に優れた窓になっています。価格も従来のアルミ+単板ガラスと比べなんと最高級の2.5倍もします。そんな高級樹脂サッシ窓がイシンホームでは標準装備となっております。従来のアルミサッシの場合,ガラス部分は結露しませんが,サッシ部はどうしても結露していました。樹脂サッシは非常に結露しにくいので掃除の手間いらず、カビの発生も抑える優れた素材となっております。
 

断熱性が高い「Low-E」ガラス」を全室装備

紫外線も70%以上カット!

Low-Eガラスの「Low-E」は、Low Emissivityのことで翻訳すると「低放射」という意味になります。
一般的な1枚ガラスが放射率0.85程度なのに対し、Low-Eガラスは放射率が0.1以下にまります。この放射率が低ければ低いほど赤外線を反射させ、熱を通さないため断熱性が高いガラスの由縁といえます。またLow-Eガラスは紫外線も反射させるため、畳や家具の日焼けを防ぐ効果もあります。
夏の西日が入る窓にLow-Eガラスを用い、西日の暑さを和らげる効果もあります。